「あー」って英語でなんて言うの?よく使われる15の繋ぎの表現と接続表現を紹介!

「あー」って英語でなんて言うの?よく使われる15の繋ぎの表現と接続表現を紹介!

「英語を話しているときに、場を繋ぐフレーズってどんなのがあるのかな?」

「あーって英語で言う時は、どうやって表現したらいいのだろうか?」

などと思っている人はいますよね?

特に英語を習い始めの人は、よく会話の中で「あー」などを口にしてしまいます。

しかし日本語で「あー」「えー」などを多用しすぎると、会話ができない人と思われることもあるのです。

英語を話せる人と思わせるためにも、適切な「filler」フレーズを使えるようにしましょう。

本記事では、間を保つ際などに使える「filler」フレーズを、15個紹介します。

他にも使えるフレーズについて知りたい人は、コチラも参考にしてください。

英語で「なるほどね」はどう表現する?7通りのフレーズと場面を紹介!

会話の中でよく使われるフレーズを15個紹介

会話の途中に次に何を言ったらいいか、困るときはありますよね。

そんな時は、今回紹介する「filler」フレーズを覚えておきましょう!

今回紹介するフレーズは、コチラの15個です。

  • Umm:「うーん・あー」
  • Hmm:「ふーむ」
  • Let me see:「えーと・そうだね」
  • Well:「えーと」
  • Like:「そのー・えーと・みたいな」
  • I mean:「えーと・つまり」
  • What is it called?:「何て呼ぶんだっけ?」
  • You see :「ほら・あれよ」
  • You know:「ほら・あれよ」
  • Actually:「やっぱり」
  • Basically:「基本的に」
  • Seriously:「ホントに・マジで」
  • By the way:「ところで」
  • Any way:「とにかく、いずれにせよ」
  • In addition:「さらに」
  • Umm:「うーん・あー」

Ummは会話の最中になんて言ったらいいか、わからない時に使います。

または何かを考えている時や、迷っているときなど。

しかしあまり使いすぎるのも、よくありません。

Ummを使った例文はコチラです。

  • Umm, I don’t know which way to go.
    (うーん、どっちの道を行ったらいいかわからない)

Hmm:「ふーむ」

Hmmは何かを決断する直前などに使われます。

Ummと同様に、誰でもすぐに扱うことができますよ。

困ったら使ってみては、いかがでしょうか。

Hmm例文はコチラです。

  • Hmm, I like the blue dress but I think I’ll buy the red one instead.
    (ふーむ。青いドレスが好きだけど、代わりに赤いドレスを買うよ。)

Let me see:「えーと・そうだね」

Let me seeは考えているときに、よく使われるフレーズです。

会話をしていて次の言葉が出てこないことは、よくありますよね?

そんな時に役立ちますよ。

Let me seeを使った例文はコチラです。

  • A:Is there a soccer shop?
    (サッカーショップってある?)
  • B:Let me see, I think there’s one near here.
    (えーっと…近くに1店舗あったはず。)

Well:「えーと」

Let me seeと同様に次の言葉が出てこない時に使います。

Let me seeと違う点は、より言葉が出てこない時に使うこと。

とっさに出てきやすいです。

Wellを使った例文はコチラです。

  • A:Can you recommend a good food in Japan?(日本でおすすめの食べ物はありますか?)
  • B:Well, what kind of food do you like?(えーと。どんな料理が好きですか?)

Like:「そのー・えーと・みたいな」

Likeは海外の若者がよく使われるフレーズで知られています。

頻繁に会話の中に出てくるイメージです。

しかし多用することに不快感を覚える人もいるので、注意が必要。

Likeを使った例文はコチラです。

  • The movie was, like,funny story.
    (あの映画は、えっと、面白い話だったよね。)

I mean:「えーと・つまり」

I meanは自分の中の考えていることや、感じたことなどを強調する時に使用します。

しかしI meanもLikeと同様にかなりカジュアルなので、多用することに不快感を覚える人がいるので注意が必要。

I meanを使った例文はコチラです。

  • I mean, she is nice, I’m just not sure if she is a good girlfriend.
    (つまり、彼女はいい子なんだよ。ただ良いガールフレンドかはわからない。)

What is it called?:「何て呼ぶんだっけ?」

What is it called?はどちらかというと、独り言に近いイメージです。

Let me seeと一緒に使う人が多いですね。

思い出すときに使ってみましょう。

I meanを使った例文はコチラです。

  • A:What is this?
    (これ何?)
  • B:What is it called?Let me see…Au, ”Tapioka”.
    (なんて言うんだったっけ。あ、タピオカだ。)

You see :「ほら・あれよ」

You seeは内容について知らないと想定して、話しているときに使われます。

しかしYou seeはカジュアルなフレーズなので、フォーマルな場所では多用しない方がいいですよ。

You seeを使った例文はコチラです。

  • You see, English is not difficult at all.
    (ほら、英語はまったく難しくないでしょ?)

You know:「ほら・あれよ」

You knowはYou seeとは違い、相手が知っていることについて話しているときに使います。

しかしYou see同様にカジュアルな表現なので、フォーマルな場所では使うことは避けましょう。

You knowを使った例文はコチラです。

  • You know that park we used to go.
    (ほら、私たちがよく行っていた公園あるじゃん。)

Actually:「やっぱり」

「タイ料理が食べたいけど、やっぱり中華料理の気分だ。」

なんて経験はありませんか?

Actuallyは何か気が変わった時などに使われます。

また文頭で、使うことが多いです。

Actuallyを使った例文はコチラです。

  • Actually let’s go to the Shibuya today.
    (やっぱり今日は渋谷に行きましょう)

Basically:「基本的に」

Basicallyは「基本的には・要は」のどの意味をもっています。

また時には「まあ」などの、特に意味がないようなニュアンスで使われることもあるのです。

上記で使われる場合は、特に意味がないことが多いですね。

Basicallyを使った例文はコチラです。

  • Basically, the soccer game was interesting.
    (基本的には、そのサッカーの試合はおもしろかったよ。)

Seriously:「ホントに・マジで」

Seriouslyは日本語で言う「マジで・ガチで」などに似たような意味を持っています。

特に強調したいことがあるときなどに、使われることが多いです。

「マジで・ガチで」と聞くと失礼な表現と思いますが、この表現はビジネスの場などでも使うことができます。

ビジネスシーンでは、「本当ですか?」と、訳すことができますよ。

Seriouslyを使った例文はコチラです。

  • She is seriously the most attractive girl I’ve ever seen.
    (彼女はマジで、今までで一番魅力的な女性だ)

By the way:「ところで」

By the wayは話題が変わるときなどによく使われる、フレーズです。

会話の中で相手の気を引くこともできるのです。

スピーチの時などで使えたら、なんとなくかっこいいですよね。

By the wayを使った例文はコチラです。

  • By the way, Taro was looking for you.
    (そういえば、太郎があなたのことを探していたよ。)

Any way:「とにかく、いずれにせよ」

Any wayはBy the wayと似ているように感じますが、意味は違います。

話が脱線したときなどに、戻す役割で使われることが多いです。

Any wayを使った例文はコチラです。

  • Anyway, I love this party!
    (とにかくこのパーティが大好きだ!)

In addition:「さらに」

In additionはさらに詳しく話したいことがある際に、使われます。

また、コチラはフォーマルな場面で使われることが多いフレーズです。

In additionを使った例文はコチラです。

  • In addition, there was a heavy rain.
    (さらに、大雨が降りました。)

「filler」フレーズが使えた方がいい3つの理由

海外映画を見ていて、絶え間なく話しているシーンを見たことがありませんか?

海外の人は沈黙が嫌いということもありますが、会話を続かせるためにも「filler」フレーズを使っています。

なぜ「filler」フレーズを使えた方がいいのか、理由が気になりますよね?

このトピックでは、「filler」フレーズが使えた方がいい2つの理由を紹介します。

今回紹介する理由はコチラです。

  • 流暢に英語が話せる人だと思われる
  • 考える時間ができる

流暢に英語が話せる人だと思われる

会話が続かなくても、「filler」フレーズが使えるだけで英語を話せる人と思わせることができます。

留学先や旅行先で英語が話せないと、バカにされてしまうこともあるのです。

一言「filler」フレーズを会話の中に織り込むだけで、相手は聞く態度を示してくれますよ。

ます初めは簡単なフレーズから、使ってみましょう!

考える時間ができる

会話をしていて、何を言ったらいいのかわからなくなることはよくありますよね。

そんな時こそ「filler」フレーズを使いましょう。

時間はたいして長くはないですが、自分が次に何を言うか考えることができます。

ネイティブの人は沈黙を嫌います。

慌てて何も言葉が出てこない時は、とりあえず何かをつぶやくことも大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

「filler」フレーズは会話の中で困ったら、まずは使ってみることも大切です。

しかし場面によっては失礼な場合もあるので、十分注意が必要。

今回紹介した「filler」フレーズはコチラの15個です。

  • Umm:「うーん・あー」
  • Hmm:「ふーむ」
  • Let me see:「えーと・そうだね」
  • Well:「えーと」
  • Like:「そのー・えーと・みたいな」
  • I mean:「えーと・つまり」
  • What is it called?:「何て呼ぶんだっけ?」
  • You see :「ほら・あれよ」
  • You know:「ほら・あれよ」
  • Actually:「やっぱり」
  • Basically:「基本的に」
  • Seriously:「ホントに・マジで」
  • By the way:「ところで」
  • Any way:「とにかく、いずれにせよ」
  • In addition:「さらに」

皆さんも「filler」フレーズを使いこなして、スムーズな会話ができるようになりましょう!

様々な言い回しを言えるようになりたい人は、コチラも参考にしてください。

ネイティブ講師のおすすめオンライン英会話9選!選び方のポイントも紹介

当サイトでは、目的別におすすめのオンライン英会話をいくつか紹介しています。

気になる記事があれば、ぜひご覧ください。

レッスン受け放題のおすすめオンライン英会話6選!回数無制限の英会話紹介

主婦におすすめのオンライン英会話10選!主婦のオンライン英会話の選び方もご紹介!

フィリピン人講師のオンライン英会話おすすめ8選!メリット・デメリットも紹介

アメリカ人講師レッスンのおすすめオンライン英会話6選!